ゲーム中毒のための滞在型治療とリハビリテーション

ゲーム習慣でお悩みなら、私たちにお任せください。パラケルスス・リカバリーでは、依存症のサイクルから脱却するために必要な心理的ツールを手に入れることができます。対処法を身につけ、根本的な原因に対処できるよう、独自の治療プログラムを作成します。

私たちの家族にあなたのケアをさせてください

私たちは完全な家族経営のクリニックです

ゲーム依存症治療

ゲーム依存症とは、人生の他の領域で問題を起こしているにもかかわらず、ビデオゲームをしたいという衝動を抑えられなくなることです。すべての依存症と同様に、難しい感情や幼少期の出来事、現実のストレスに悩まされているときに、人は依存症になります。人は、ゲームそのものではなく、ゲームがこうした状況から自分を切り離す方法に夢中になるのです。つまり、対処療法になるのです。

パラケルスス・リカバリーの最優先事項は、あなたがゲームによってどのような困難に対処しているのかを理解することです。つまり、ゲームではなく、なぜゲームをする必要があるのかに焦点を当てるのです。そのために、あなたが私たち専用のクリニカルレジデンスに到着すると、360度の精巧なアセスメントを受けることになります。メディカルチェック、精神医学的評価、包括的な臨床検査、機能的健康評価、栄養、ライフスタイルの評価など、多岐にわたります。これらの情報をもとに、一人ひとりに合った治療計画を立てます。

そして、治療プログラムがスタートします。滞在中は、有名な専門家、セラピスト、医師からなる私たちのチームと独占的に仕事をすることができます。さらに、「住み込み」のセラピストが24時間体制で精神的なサポートを行います。また、ストレスレベルを最小限に抑えるための補完療法や、健康状態を整えるための医療行為も数多く提供します。

私たちは、依存症に対する害を減らすアプローチを採用しており、ゲームをあきらめるように要求することはありません。その代わりに、ゲームとあなたの関係を再調整し、ゲームによってあなたの人生、未来、健康に悪影響が及ばないようにすることを目指します。

私たちは、チューリッヒとロンドンの両方でゲーム中毒の治療を行っています。

兆候や症状は以下の通りです。

  • 以前のオンライン活動の思考や次のセッションへの期待に夢中になる。
  • ゲームに夢中になり、徹夜をしたり、自分が思っている以上にプレイ時間が長くなったりする。
  • マルチプレイヤーゲームで、自分のチームが負けたときや、プレイをやめなければならないときに、過剰な怒りを感じる。
  • 大切な人と一緒にプレイする時間を減らす。
  • 重要な締切日やイベントに間に合わないのに、ゲームを続ける。
  • プレイ中にストレスや不満を感じるが、やめることができない。
  • ゲームを辞められない、あるいはプレイ時間を減らせない。
  • 以前は好きだった他のこともやりたくなくなる。
  • 落ち着いたり満足したりするために、ますます多くの時間を遊ぶのに費やす必要がある。
  • 遊べないときに、落ち着かない、またはイライラする感じがする。

ビデオゲームの中毒性とは何でしょうか?

ビデオゲーム中毒になると、将来的に他の中毒を発症する可能性が高くなります。特に、思春期にビデオゲーム中毒になった人は、その後の人生で薬物乱用の問題、特にアルコールや大麻の依存症になるリスクが高くなります。

以前は、依存症は化学物質への依存と考えられていましたが、現在では、依存症になるのは外部の物質ではなく、それが脳内で放出する化学物質であることが分かっています。

私たちが生命維持や遺伝子継承に役立つ活動をすると、報酬系がドーパミンという化学伝達物質を送り出し、満足感を得て、その行動を繰り返すように促します。ドーパミンは強力で、中毒性があり、自己強化的です。そのため、ビデオゲームやインスタグラムの投稿から離れられなくなることもあります。過剰なドーパミンに長時間さらされると、脳に長期的な変化をもたらし、元に戻すには大規模な治療が必要になります。ソーシャルメディアと同様に、ビデオゲームも最先端の行動心理学を用いて、脳内でドーパミン(およびその他の快感物質)を放出します。

その他、中毒性のある成分として

ゲームはソーシャル

孤独は、世界的に見ても依存症の主要な原因の一つです。テレビゲームは、社会的に悩む子供たちに、明確な社会システムを提供します。ゲームが上手になれば、みんな一緒に遊びたいと思うようになるのです。これはゲームの非常に良い要素ですが、実生活で孤独感に悩まされている子供にとっては、依存症になるきっかけになりかねません。

コルチゾール過剰

テレビゲームを過度に使用すると、子どもの脳が闘争・逃走反応に陥ってしまうことが研究で明らかになっています。その結果、脳はコルチゾール(ストレスホルモン)を過剰に分泌する。そのストレスから解放されるために、脳はさらにビデオゲームやソーシャルメディアやアルコールなどの他の依存性のある物質や行動で過剰なドーパミンを求めるようになるのです。つまり、中毒性のサイクルが形成されているのです。

実績

達成感は常に心地よく、つまりはドーパミンを誘発します。もし、若者が実生活で迷ったり、あまり達成感を得られないと感じているならば、ゲームは手っ取り早く、簡単に測定できる成長をもたらしてくれます。ゲームで上達すればするほど、自分が前に進んでいるように感じられるのです。 もちろん、それ自体は危険なことではありません。しかし、その人が実生活で不足しているドーパミンをこの感情で代用し始めると、そのバーチャルな成功感は中毒性を帯びてくる。ゲームに費やす時間が増えれば増えるほど、現実の目標を達成するための時間が少なくなる。その結果、彼らは自分自身を悪く感じ、良い気分になるためにもっとゲームに時間を費やす必要があり、中毒性のサイクルを引き起こします。

360° トリートメントアプローチ - 世界で最も広範で包括的な治療法。

メディカルチェック
& トリートメント
アディクション
カウンセリング
豊富な
心理療法
眼球運動脱感作法
および再処理法
ファミリー
セラピー
サイコエデュケーション
ニューロフィードバック
インターバル低酸素治療
ハイパーオキシック治療
バイオケミカル
復元
プロバイオティクス療法
& サイコニュートリション(精神栄養学)
ライフスタイル&
栄養カウンセリング
バイオ・フィードバック
& バイオ・レゾナンス
ヨガ
リフレクソロジー
& 鍼灸治療
マッサージ
パーソナルトレーニング

よくあるご質問

世界保健機関(WHO)は2018年、ゲーム障害を医学的な疾患として認めた。そのため、研究や調査はまだ不足しています。しかし、ゲームは衝動制御障害と行動依存症のどちらとも捉えられることがわかっています。思春期と若い男性が最もリスクの高いグループです。

米国小児科学会などの専門家は、スクリーンを使った娯楽時間は1日2時間までとすることを推奨しています。

ゲーム習慣が気になる方は、まずゲームをアンインストールすることです。それができない場合は、1日にプレイする時間を減らすようにしましょう。ただし、ゲームをやめるときは特に注意してください。依存症になったということは、脳がドーパミンの大きなヒットに慣れてしまい、他の物質や行動にドーパミンを求めようとする可能性があるということです。通常、脳が正常なドーパミンレベルに再調整されるには2週間かかります。

はい、もちろんです。ただし、治療の最初の数週間は、できればご家族やご友人、付き添いの方の同伴をご遠慮いただくことをお勧めします。

パラセルサス・リカバリーでは、一度に一人しかクライアントを持たないため、それぞれのクライアントのニーズに合わせて治療プログラムをオーダーメイドします。私たちは、個人が物質や行動に過度に依存し始めるとき、彼らは内部の不均衡に苦しんでいると考えています。例えば、生化学的なアンバランス、感情的な問題、トラウマ、人間関係の問題、持続不可能なストレスの量などが挙げられます。もしあなたがゲーム中毒で悩んでいるなら、私たちのチームは根本的なアンバランスを回復させる手助けをします。