PEDの例
人々は通常、同化およびアンドロゲンステロイドと一緒にヒト成長ホルモン(HGH)を乱用します。パラケルスス・リカバリーでは、あらゆるPED依存を克服するお手伝いをします。私たちは、治療プログラムをオーダーメイドし、あなたの身体の健康を回復し、HGH乱用につながったそれぞれの根本的な問題を克服するお手伝いをします。

私たちの家族にあなたのケアをさせてください

私たちは完全な家族経営のクリニックです

ヒト成長ホルモン

HGHは、子供の成長を助け、体組成、体液、筋肉や骨の成長、糖代謝、心臓の機能などを調節する天然由来のホルモンです。専門的には、脳下垂体で産生されるペプチドホルモンです。

HGH は、細胞の再生と繁殖を促進するため、合成 HGH はさまざまな病気の治療に役立ちます。

しかし、HGHの誤用には大きなリスクが伴います。例えば、長期のHGHの乱用は先端巨大症につながる可能性があります。これは、体の組織や骨が早く成長しすぎてしまう、自然に発生する病気です。先端巨大症を患う人の死亡率は、一般人口の約2倍と言われています。

他の副作用が含まれています。

  • 筋肉痛、関節痛、神経痛
  • 体内組織内の液体による腫れ
  • 手根管症候群
  • 心血管問題(例:.高血圧や心筋症)
  • 皮膚のしびれ
  • 内臓の肥大
  • 手足の肥大
  • 高コレステロール値
  • 癌性腫瘍
  • 関節炎

なぜヒト成長ホルモンを乱用する人がいるのか?

スポーツ選手やボディビルダーは、筋肉量を増やし、回復時間を早めるためにHGHを悪用します。一部の売り手はまた、HGHが脂肪を減らし、髪の成長を復元し、免疫システムを強化したり、性欲、視力、記憶を向上させることができると主張します。

これらの主張を裏付ける科学的証拠は全くありません。

HGHは中毒性がありますか?

HGHは古典的な意味での中毒性はありませんが、人はその物質に依存するようになる可能性があります。例えば、231人の経験豊富な若い男性重量挙げ選手のPED乱用に関するある研究では、12%がHGHまたはその生物活性誘導体であるインスリン様成長因子-1の不法使用を報告しました。

パラケルススの回復では、通常、HGH依存は、摂食障害や全般性不安障害などの根本的な問題の症状であると考えます。例えば、摂食障害と闘っている人は、身体醜形症を発症するのが一般的です。これは、自分が実際よりも大きい、または小さいと認識したときに起こります。

若い男性の重量挙げ選手が、身体醜形症によって自分が実際よりも小さいと言われていると想像してみてください。

自分の肌に心地よさを感じるには、過剰なほど運動する必要があると、身体醜形症は彼に言います。しかし、そのような非現実的な目標を達成できるのは、HGHなどのPED薬物を乱用した場合だけです。

HGHを乱用したい衝動にかられたら、できるだけ早く助けを求め、サポートを受けることが重要です。

このような思考パターンは、時間とともに異形症を強化し、さらなるPED乱用を促し、彼の幸福にマイナスの影響を与えます。

360° トリートメントアプローチ — 世界で最も広範で包括的な治療法。

メディカルチェック
& トリートメント
アディクション
カウンセリング
豊富な
心理療法
眼球運動脱感作法
および再処理法
ファミリー
セラピー
サイコエデュケーション 
ニューロフィードバック 
インターバル低酸素治療
ハイパーオキシック治療
バイオケミカル
復元 
プロバイオティクス療法
& サイコニュートリション(精神栄養学)
ライフスタイル&
栄養カウンセリング
バイオ・フィードバック
& バイオ・レゾナンス
ヨガ 
リフレクソロジー
& 鍼灸治療
マッサージ 
パーソナルトレーニング