クリスマスを祝う私たちにとって、強引なお祭り騒ぎと過剰な消費の組み合わせがストレスになるというのは、今に始まったことではありません

英国に拠点を置く慈善団体「Mind」による、2016年のある調査によると、精神疾患に悩む人の3分の1が、クリスマスの季節に対処できないと感じるそうです。その理由のひとつは、クリスマスに幸せにならなければならないというプレッシャーが、精神疾患を患っている人にとって耐え難いものになることです。内面的な状態が拡大され、内面が混乱している場合、期待される楽しい気分に応えられないことが、常に、そのことを決定的に思い出させることになるのです。

その結果、自分が失敗しているように感じ、不健康な対処法につながる可能性があります。個人が大きな成功を収めている場合、こうした問題はしばしば悪化します。なぜなら、富は幸せで感謝すべきものであるという暗黙の前提をもたらすからです。しかし、お祝いの季節につきものの期待に応えようとするのではなく、自分の気持ちを受け入れて、友人や家族に正直に連絡することが大切です。

私たちは、この時期が多くの人にとって困難である理由と、健全な方法で対処する方法を専門家に尋ねました。

名声、成功、富がお祝いの季節を困難なものにする

依存症や精神的な問題を抱える人にとって、この時期は疲れる時期です。特に富裕層は、他の人が過度に楽しんでいるような社交イベントに何度も招待される可能性があります。参加しなければならないというプレッシャーと、常に断るためのスタミナに圧倒されることもあります。有名人の場合、ソーシャルメディアに自分の生活を記録したり、仕事のプロモーションのためにインタビューに応じたりすることと、自分のウェルビーイングに気を配ることのバランスをとるのは難しいことです。同様に、ビジネスリーダーにとっても、クリスマスにはリラックスして仕事を完全に切り上げられるという期待が、それだけでストレスになることがあります。

クリスマスに期待されること。セレブリティと富裕層にとっての地雷原

自分自身や周囲の人が誰かに寄せる期待と不安障害との間には、生来的な関係があると言われています。

このような期待を管理することは誰にとっても難しいことですが、特に富裕層の家庭では厄介なことです。 裕福な親の子供が精神疾患を患う主な原因のひとつは、親の期待によるプレッシャーであるという研究結果が出ています。その結果、クリスマスは困難な時期になることがあります。例えば、多くの親は週7日、長時間働いています。つまり、クリスマスに多くの時間を一緒に過ごすという期待は、子どもの普段の生活からかけ離れたものであり、不安を増大させる可能性があるのです。

一方、クリスマスに帰省する成功者は、独特の疎外感と戦わなければならないかもしれません。裕福になったばかりの若いセレブリティは、いろいろな場面で戸惑うことが多いものです。例えば、プレゼントにお金をかけすぎると、自分たちのライフスタイルが注目され、兄弟の影が薄くなる恐れがあります。しかし、あまりに少ない場合は、恨みを買うかもしれません。彼らの新しいステータスは、家庭の風景を変え、曖昧な感情を生み、期待を曖昧にし、彼らのルーツから疎外されたように感じられるかもしれません。

クリスマスに過剰な消費をすると、薬物乱用障害になる可能性があります。

成功者や有名人にとって、社会的・感情的な期待の高まりや、愛する人たちとの疎遠感は、不安やストレスの感情を永続させる可能性があります。アルコールの過剰摂取が蔓延している今、対処法としてアルコールを使い始めるのは簡単なことです。しかし、アルコールは抑うつ剤であり、不安を解消するためにアルコールを使用することは、問題を長引かせることになります。

さらに、年間を通じて過度なライフスタイルを送り、感情的な対処法として物質を使用している富裕層は、贅沢をすることを期待され、限界を超える可能性があります。また、神経性食欲不振症などの摂食障害に悩む人にとっても、クリスマスに大量の食べ物や飲み物を摂取することは、大きなストレスとなるようです。

今年のクリスマスに対処するための5つのヒント

今年のクリスマスに直面しそうなさまざまなストレス要因に対処するためにできることはたくさんあります。ここでは、そのうちの5つを紹介します。

1. 感情的な対立を避ける

私たちは何を感じているかによって、どこに注意を向け、何を考えるかが決まり、それが行動につながるのです。特に、大家族と疎遠になっていると感じている成功者にとっては、クリスマスは感情的になりやすく、ネガティブな行動パターンが現れる可能性があります。

昨年は家族との間で口論になったかもしれません。今年のクリスマスになると、その喧嘩の記憶がネガティブな感情を呼び起こすかもしれません。その結果、再び怒りや憤りを感じることになるかもしれません。このような感情を行動に移す前に、その感情がどこから来ているのかを振り返ることで、対立を避けたり、物質を使って抑圧したりすることができるのです。

2. 期待を管理する

All's Well That Ends Wellの中で、シェイクスピアは "Oft expectation fails, and most oft there where most it promises "と書いています。これは大まかに言うと、「期待が大きいと心痛につながる」という意味です。これまで述べてきたように、富裕層が社交行事に参加したり、クリスマスに幸せそうな顔をしたりすることへの期待は、精神的に疲弊させるものです。

自分も周りも期待に応えようとするならば、現実的なアプローチで何が達成可能かを考えることが必要です。もし、クリスマスの日に楽しい気分になったり、子供のような喜びを感じたりすることが不可能であれば、それを自分自身に認めてください。自分を責めるのではなく、自分の気持ちを受け入れることが、自分を思いやる行為につながります。

3.自分の思考パターンに注意する

対処法としてアルコールなどの物質に頼らないようにするには、飲むことを決断するに至った思考プロセスを目撃することです。マインドフルネスは、この自己認識を培うのに役立ちます。ストレスを感じたり、圧倒されたりしたら、その気持ちを周囲に投影するのではなく、その気持ちの存在を認識し、散歩に出かけたり、自分の時間をとったりして処理しましょう。

4.自分も含め、すべての人間には限界があることを自覚する

クリスマスのToDoリストはいつも長いものです。人前に立つ成功者の場合、社交的なイベントが多く、恋人が会いたがっているときに仕事のスケジュールが増えてしまいます。しかも、成功者は完璧主義であることが多い。完璧主義は、困難な目標を達成するためには有効な特性ですが、その反面、すべての人を喜ばせようとすることにもなりかねません。

つまり、自分のニーズは後回しにされてしまうのです。 この時期には、自分自身に思いやりを持ち、達成可能なことを現実的に考えることが大切です。すべての人を常に満足させることはできません。その代わり、重要なイベントや本当に会いたい人との時間には優先順位をつけましょう。そして、断ることに慣れることです。

5. 他人の感情を受け止める

他人の気持ちを理解しましょう。例えば、プレゼントを受け取るのが難しい人もいますし、あなたが期待したり望んでいるような反応をしない人もいるでしょう。このことに憤りを感じるのではなく、相手がまだあなたを驚かせることができるという事実を受け入れましょう。

贈り物を受け取るのに苦労している場合は、贈り主が望んでいると思う方法ではなく、正直に反応することを自分に許しましょう。周囲に気を配りながら生活しているビジネスリーダーにとって、プレゼントを受け取ることは奇妙に感じられるかもしれません。このことを認識し、自分が不快になるような反応をするようなプレッシャーを自分に与えないようにしましょう。