メンタルヘルスとウェルビーイング

強迫性障害(OCD)の治療とリハビリテーション

私たちの強迫性障害(OCD)治療プログラムは、実用主義、共感、癒しに根ざしています。私たちは、脳の生化学的バランスを整え、心理療法を通して感情的な問題を克服し、心と体のつながりを強化することに焦点を当てた360度のホリスティックな治療法を用いています。

私たちの家族にあなたのケアをさせてください

私たちは完全な家族経営のクリニックです

強迫性障害の治療方法について

7日間のエグゼクティブ・デトックス

A day at Paracelsus Recovery

Play
強迫性障害の独占的治療

強迫性障害(OCD)は、衰弱を感じさせることがあり、人の健康や生活の質に悪影響を及ぼします。確かに困難ではありますが、OCDの臨床治療と完全な回復は可能です。

パラセルサス・リカバリーでは、症状だけでなく、OCDの根本的な原因を解決していきます。OCDの原因となる感情的、身体的、環境的な要因を特定するために、詳細なアセスメントを行い ます。回復のための困難な道のりを歩む間、心身ともに可能な限り健康でいられるよう、生化学的な復 元と数々の補完療法を提供します。

OCD often arises as to the mind’s unconscious attempt to deal with complicated feelings or life events that the person feels that they have no control over. We will provide numerous hours of specialised psychotherapy to address these challenges. We will also provide you with a live-in therapist who is available 24/7 for emotional support. Our main aim is to help you break the obsessive-compulsive cycle and create healthier ways of coping with fear.

We only ever have one client at a time to ensure that the best and utmost care is given to your health and wellbeing. We can provide treatment for OCD in our residential treatment centre in Zurich and in London.

ミーガン・フォックス(強迫性障害で有名な女優
間違ったものを追いかけるのをやめれば、正しいものがあなたを捕まえるチャンスを得ることができるのです。

360度治療アプローチ - 世界で最も広範囲で包括的な治療法

メディカルチェック
& トリートメント
アディクション
カウンセリング
豊富な
心理療法
眼球運動脱感作および再処理(EMDR)
家族療法
サイコエデュケーション
スピリチュアル
カウンセリング
間欠的低酸素処理
ハイパーオキシック処理
バイオケミカル
再生
プロバイオティクス療法
& サイコニュートリション(精神栄養学)
ライフスタイル&
栄養カウンセリング
バイオフィードバック
& バイオレゾナンス
ヨガ
リフレクソロジー
& 鍼灸治療
マッサージ
パーソナルトレーニング

強迫性障害の症状

一般的な強迫観念には次のようなものがあります。

  • 細菌による汚染で病気になることへの恐れ。
  • 自分自身をコントロールできなくなることへの恐怖。
  • 自己または他者への危害に対する恐怖(多くの場合、死の恐怖)。
  • 侵入的な暴力的イメージや思考。
  • 侵入的な性的イメージまたは思考。
  • 道徳に関する過度の思考(自分が'良い'人間でないことを恐れる)。
  • 迷信への過度の注意。
  • 秩序と対称性への極端なこだわり。
  • ミスをすることへの恐怖(例:ストーブを消し忘れたり、ドアの鍵をかけ忘れたりする)。
  • 漠然とした、しかし持続的な「何か悪いことが起こる」ことへの恐怖。

一般的な強迫観念には以下のようなものがあります。

  • 物事を過度に再確認する(例:玄関の鍵がかかっているかどうか)。
  • 特定の言葉を特定の回数数える、たたく、繰り返す。
  • 過剰な掃除や洗濯(例:手洗い)。
  • 誰かの安否を何度も確認する。
  • 正確な方法で物を注文したり並べたりする。
  • 特定の身体的儀式を1日に一定回数行う(例:1日に3回、電気のスイッチを10回オン/オフしなければならない)。
  • 精神的な儀式を行う(例えば、ある言葉を一日に何度も繰り返すなど)。
  • 恐怖によって引き起こされる過度の祈りや宗教的儀式を行う。
  • 所有物を過剰にため込む。
  • 食べ物の産地や品質にこだわる。

強迫性障害を理解する

強迫性障害(OCD)は、人に大きな不安を与える苦痛で侵入的な考え(強迫観念)の存在によって特徴付けられる精神疾患です。この不安を和らげる唯一の方法は、特定の衝動的な行動(強迫観念)を行うことです。強迫観念はこの恐怖をコントロールしようとする試みです。

その結果、人は特定の出来事の結果に対して、実際よりも多くのコントロール、つまり責任を持つことができると考えるようになるのです。

例えば、「強制を×回完了しなければ、苦しい思いが叶う」と思い込むようになります。

OCDに悩む人々は、通常、自分の強迫観念が不合理であることを認識していますが、この知識は、 ネガティブな考えをコントロールしたり、強迫行為に走るのを防ぐ助けにはなりません。

よくあるご質問

強迫性障害(OCD)は、強迫観念や衝動的な行動(強迫行為)が見られる、不安に基づく精神疾患です。

私達は、あなたの特定の問題に直接取り組むことができるよう、個々に合わせた治療プ ログラムを作成します。OCDの症状を克服し、心のコントロールを取り戻すために、私達は最先端の心理療法 のテクニックを提供します。OCDを持つ生活は非常にストレスが多く、疲れるものですが、身体的・心理的なレベル で落ち着きを取り戻すために、マッサージ、ヨガ、鍼治療などの補完療法を数多く提供してい ます。

他の多くのOCD治療センターやプログラムとは異なり、パラセルサス・リカバリーでは、 24時間体制で治療をサポートする住み込みのセラピストと働くことができます。この住み込みのセラピストは、OCD治療計画において重要な役割を担っています。パラセルサス・リカバリーでは、これらの強迫観念が生じるたびに、優秀なセラピストと一緒に対処することができます。住み込みのセラピストの役割は、強迫観念のサイクルを断ち切り、OCDから長期的な回復を達成する可能性を飛躍的に高めてくれるのです。

強迫性障害と薬物乱用には密接な関係があります。OCDは、OCDに関連する不安を和らげるためにアルコールや薬物を使用することがあるため、薬物依存症になるリスクを高める可能性があります。パラセルサス・リカバリーでは、併発する精神疾患を常に特定し、治療しています。

OCDの発症には、遺伝、脳の構造、環境要因、心理的条件、身体的健康など数多くの要因 が関わっています。例えば、親戚にOCDを発症した人がいる場合、その人は遺伝的性質と子供時代にその親戚 から学んだ行動(環境)の両方を通してOCDを発症するリスクが非常に高くなります。また、幼少期の身体的、性的、精神的虐待もOCDの引き金となる可能性があります。

強迫性障害の治療を担当するチームの紹介

チーム紹介