アディクション

セックス&ラブ・アディクションの集中治療

ほとんどの治療センターでは、セックス依存症と恋愛依存症の治療は同じ括りに入れられています。パラケルスス・リカバリーでは、この2つの重複を認識しながらも、それぞれを感情的な苦痛の原因となっている可能性のある別の問題として特定し、対処しています。私たちは、あなたのセックスとの関係、親密さとの関係を直接的に扱う数多くの心理療法的テクニックを提供します。

私たちの家族にあなたのケアをさせてください

私たちは完全な家族経営のクリニックです

セックス&ラブ・アディクションにどう接するか

7日間のエグゼクティブ・デトックス

パラケルスス復興への一日

Play

セックスと恋愛の依存症治療

セックス依存症や恋愛依存症は、他者に対する強迫的な感情や幻想を繰り返し経験することで、否定的な結果にかかわらず、それを追求せざるを得ないと感じる場合に起こります。セックス依存症も恋愛依存症も、多くの場合、ネグレクト、性的虐待、トラウマになるような感情的な放棄など、非常に辛い幼少期の体験が根底にあります。

これらの問題は、他の行動依存症、薬物乱用問題、共依存と一緒に起こるのが一般的です。どちらも、自制心や歪んだ思考パターン、孤独感との戦いになるのは同じです。パラケルスス・リカバリーでは、これらの問題に対して、最先端の、綿密で、専門的な治療を提供します。

私たちのセックス依存症治療プログラムは、身体、心、魂といった人間全体を治療する、ユニークでホリスティックなアプローチを採用しています。治療中は、熟練した精神科医、心理療法士、医師、機能性医学の専門家、住み込みのセラピストからなるチームと密接に連携し、あなたのセックス依存症の原因となった、あらゆる生物学的、心理的、社会的要因に取り組みます。

ラッセル・ブランド、Recovery: Freedom from Our Addictions の著者
「衝動を駆り立てる本能は普遍的です。 それは、断絶、疎外、生ぬるい絶望の問題を解決しようとする試みです...問題は究極的には「人間であること」です."

360度治療アプローチ - 世界で最も広範で包括的な治療。

メディカルチェック
& トリートメント
アディクション
カウンセリング
豊富な
心理療法
眼球運動脱感作および再処理(EMDR)
家族療法
サイコエデュケーション
スピリチュアル
カウンセリング
間欠的低酸素処理
ハイパーオキシック処理
バイオケミカル
再生
プロバイオティクス療法
& サイコニュートリション(精神栄養学)
ライフスタイル&
栄養カウンセリング
バイオフィードバック
& バイオレゾナンス
ヨガ
リフレクソロジー
& 鍼灸治療
マッサージ
パーソナルトレーニング

症状

1. セックス依存症

セックスは、健康的で愛情あふれる関係に不可欠なものですが、脳内に快感物質が溢れるため、依存症になる可能性があります。セックス依存症は、薬物乱用依存症の人が自分の選んだ薬物で達成するのと同じ種類の「修正」を達成するために、性的行為を行う強迫的な必要性として特徴付けられます。

セックス依存症の症状は以下の通りです。

  • 不健全な性行為を減らしたい、やめたいと思っているにもかかわらず、失敗する。
  • 本人や他の人に精神的・肉体的な危害を加える可能性があるにもかかわらず、性行為を続ける。
  • ポルノ、セックス・チャットライン、ウェブカメラの過度の使用。
  • 退屈、不安、ストレス、抑うつに対する反応としての不健全な性行為。
  • 性的活動や空想に費やす時間が、仕事、社会活動、または愛する人との約束に支障をきたす。
2. 性的な拒食症

性的拒食症は、性的依存症に分類されることもあります。性的拒食症では、性的/感情的な栄養を与えたり、受け取ったりすることを強迫的に避けます。性的回避に固執するのは、多くの場合、性的なものに対する恐怖の反応です。

性的拒食症の症状は以下の通りです。

  • 性的快感への恐怖。
  • 身体の外観の歪みと身体機能の嫌悪感。
  • 性的な適切さについての強迫観念的な自己疑惑。
  • 性的経験に対する恥ずかしさと自己嫌悪。
  • 性行為を制限または回避するための自己破壊的行動。
3. ラブ・アディクション

恋愛依存症に苦しむ人は、恋愛以外のアイデンティティを形成するのに苦労しています。恋愛依存症は、恋愛相手を自分を「治してくれる」人/物として偶像化するようになります。彼らは、人生の他の領域での痛みや責任を避けるために、非常に突然に関係を結ぶことがよくあります。また、孤独を見捨てられたと思い込んでしまい、虐待的な関係を続けたり、時には同時に多くの性的・情緒的な関係を持つようになります。

恋愛依存症の症状は以下の通りです。

  • 相手のことをよく知らないまま、その人と恋に落ちる。
  • 人間関係で満足することはなく、一人でいるときに空虚感を感じる。
  • 他人を理想化し、追い求め、完璧を求める自分の空想が満たされないと相手を責める。
  • 本物のケアの代用として、感情的な依存を使用する。
  • 他人を操りコントロールするために、セックスや感情的な関わりを利用する。
4. 恋愛回避

私たちは、他人との親密な関係に嫌悪感を抱くとき、恋愛回避を経験します。恋愛回避症の人は、他人を信頼することに苦労し、親密になりそうになると関係を壊してしまうことがよくあります。

恋愛回避の症状には、次のようなものがあります。

  • 怒り、罵倒、批判などを使って、人と心地よい距離を保とうとする。
  • 相手が自分に関心を示しているのに、自分は怒り、避けていることに気づく。
  • 友人や家族から常に肯定される必要がある。
  • 人間関係における脆弱性や激しさを避け、薬物乱用や行動依存症にそれを見出す。
  • 頻繁にカジュアルなセックスをするが、関係が真剣になるとよそよそしくなる。

よくあるご質問

恋愛依存症のリハビリに通うことを決めるのは、決して簡単なことではありませんし、明確な決断でもありません。もし、あなたが別れた後にひどいうつ状態になったり、一人でいることが怖くなり、虐待的な関係の方がましだと思えるようになったら、恋愛中毒の助けを求めるべき時かもしれません。恋愛依存症は難しい問題ですが、十分なサポートがあれば治療可能です。

性依存症は、性行為が過剰になり、生活の他の分野に支障をきたす場合に起こります。性依存症は、患者さんやそのご家族に大きな精神的苦痛や心痛、喪失感を与えることがあります。もしあなたが、望んでいないにもかかわらず常に性行為を行い、その行為が自分自身や他人を傷つけているのであれば、あなたの人生、人間関係、感情の質を向上させるために、専門的な治療を受ける価値があります。

セックス依存症や恋愛依存症の原因として、感情的な無視、幼少期のトラウマ、性的虐待がよく挙げられます。これらは、ナルシシズム、共依存、薬物乱用などの精神状態と密接に関連する傾向があります。

セックス依存症と恋愛依存症は、どちらも親密さの問題に根ざしています。セックス依存症の人は、性的な行為に夢中になっているため、他の人とつながろうともがいています。恋愛依存症に悩む人は、愛の理想化された完璧なファンタジーにとらわれているため、長続きする絆を作るのに苦労することになります。

パラケルスス・リカバリーはロンドンとチューリッヒでセックスと恋愛の依存症治療を行っています。

セックス&ラブ・アディクションの治療を担当するチームをご紹介します。

もっと見る